Archive

fuchidori/フチドリ模様の装飾タイル Home > fuchidoriの記事

大森町での絵付け体験は当面の間お休みさせていただきます

2020/09/09 カテゴリー:News 
by fuchidori 

fuchidoriでは、ご希望に応じて絵付け体験を受け付けておりましたが、
現在、大森町会場(東京大田区)の利用が休止されていることから、
当面の間、大森町でのワークショップはお休みさせていただくこととなりました。
再開の時期につきましては、あらためてNEWSでご案内いたします。

再開までの間に、より楽しく絵付けを体験いただけるよう
新しいワークショップメニュー等を増やしていきたいと考えております。
この先、元の生活に戻れるのか、今までと違う生活にシフトしていくのか??
見えない状況が続いていますが、「心が喜ぶ時間をご一緒したい!」という
その想いは、今こそ大事にしたいと思っています。


タイル絵付けは、色や形を考えながら、手先を動かすため、
「びっくりするほど集中いていた」などのお声をいただくことが多いです。
またご案内できる日が来ましたら、
ぜひご一緒に、時間を忘れて楽しみましょう♩

いくつかのタイルのはなし⓵

2020/07/08 カテゴリー:Diary 
by fuchidori 

国や年代、いろ、かたち。
違いがあるから面白い「世界のタイル」。
街で出合ったお気に入り、いただきもの、作家さんものなど、
気付けば13カ国のタイルが我が家に集まっていました。

■闘牛を描いた大きなタイルはルーマニアでつくられたもの。
■台湾のタイル(左端の下から2番目)はいただきものです。
金門島の伝統家屋にあったタイルの図柄を復刻させたものだそう。
■多治見から誕生したTAJIMI CUSTOM TILES(下から二段目2番目と4番目)は、
世界の建築家やデザイナーに向けた新しいタイルブランドです♩
■スリップウェアで有名な小島鉄平さん作のタイル(下段右端)は
生きもののモチーフが得意な小島さんらしい、のびのびとした線がたまりません。

と、1枚1枚に、語りたい思い入れがあるわけですが、
特に珍しいタイルが骨董市で出合ったコチラです。

19世紀のオランダタイル。
1枚で図柄が完成するものが多いオランダタイルの特色を生かしながら、
実はフランスで作られたものだと、
譲っていただいたアンティークショップの方に伺いました。

こちらはオマケ。
土の感触を残したメキシコタイル。
本物は本の中にある画像です。下は私が模写したもの。
素朴な線と黄色みがかった地色、土を生かした土台……
似せて作ったハズなのに、微妙な色彩、線の強弱はなかなか真似できません。
タイル愛が強いだけでは、どうにもならない1枚でした( ;∀;)

思うように旅に行けない今だからこそ、
あの国の、あのタイルの良さに
あらためて触れる時間を大切にしたいと思っています◎

リクエストワークショップを開催しました

2020/06/01 カテゴリー:Diary 
by fuchidori 

ふだん通りの暮らしがなかなか難しい状況が続いていますが、
こんな時こそ、手を動かして、楽しいことに頭を使う。
そんな日々を私も大切にしたいですし、提供したいと思っています♩

2月末には、「タイルの絵付けを体験したい」とのリクエストをいただき
ワークショップを行いました。

新型コロナウィルス対策として、換気を十分に、マスク着用、少人数など、
制約は増えてしまいましたが、思い思いに制作を楽しんでいただきました。

Aさんのリクエストは「カーテンをまとめるための大きめのボタン」作ってみたい、とのこと。
2回目となるBさんには、持ち込んだ絵柄でコースターの絵付けに挑戦いただきました。


見本をご用意しましたが、アレンジは自由。
色も好きな組み合わせを選んでいただきました。

ワークショップ(絵付け体験)は、ご希望がありましたら
日にち、人数などをお伺いし、内容もご相談に応じています。
※会場は東京都大田区大森町 ※当面は4名までとさせていただきます。
※新型コロナウイルスに関する状況により延期や中止とさせていただく場合がございます。
※会場の都合により、当面の間は大森町でのワークショップはお休みとさせていただきます。
再開の時期につきましては、あらためてご案内いたします。

♩その他、タイル制作についてのご質問等は
サイト内の問い合わせフォームより、お気軽にご連絡ください♩

「織りとタイル」終了いたしました。ありがとうございます♪

2019/12/03 カテゴリー:Diary 
by fuchidori 


冬らしく、澄んだ空気がすがすがしい日曜日。
東京・大森町で開催した「織りとタイル」にお越しいただいた皆さま、
本当にありがとうございました。

「二人展なんだから、一緒に並べた方がいいわよ♪」と、お客さまにアドバイスいただき、

配置をかえてみたら、とても新鮮に見えました!

手織りのマフラーとブローチは別々に作っているのに、
なぜか、いい感じのコーディネートに。

ワンコインワークショップは、開店から閉店まで多くの方に参加いただきました。

好きな毛糸を選んでもらったのですが、皆さんの個性がコースターに詰まっていましたよ。

冬使用のふとちょさんシリーズは、初のセーター姿も。

これは何ですか?と、皆さんに聞かれたポニーフック。ゴムで結んだ髪に
カンザシのように指して使えるヘアアクセサリーです。

おかげさまで1日があっという間に過ぎていき、
たくさんの方とのお話から、多くの気づきをいただきました。

♪心から、ありがとうございます♪

大森町で二人展を開催します

2019/11/10 カテゴリー:News 
by fuchidori 

ぐっと寒さが増した11月。やさしいぬくもりの手織りマフラーとともに、
ブローチなどのタイル雑貨の展示販売を行います。
1日限りのイベントですが、お近くにお越しの際は
お気軽にお立ちよりください。

当日はミニ機織り機を使ったワークショップも開催します。
タテ糸をセットしておきますので、お好きなヨコ糸(毛糸)を選んで
オリジナルコースターを織っていただけます.

ワークショップは、11:00-17:00まで受け付け 参加費 500円(材料費込)
予約不要ですが、状況によって少々お待ちいただく場合がございます。
小学生くらいのお子さまからご参加いただけます。見学のみも歓迎です♪

二人展 織りとタイル
11/24(sun)11:00-18:00 会場/大森ロッヂギャラリー
京急 大森町駅から徒歩3分(大森ロッヂ敷地内)
アクセスマップはこちら

スペインタイルの装飾展 2019に出展します

2019/11/01 カテゴリー:News 
by fuchidori 

2年に一度、東京で開催されるスペインタイル装飾展。
fuchidoriも出展いたします。
展示は1点となりますが、今回は「色」にこだわって、
遠くからはネイビー、近くで見るとカラフル、
そんな装飾タイルに仕上げました。

日程:2019:11.4日(Mon)- 10(Sun)
時間:11:00〜18:30
    (初日13:00 open/最終日15:00 close)
会場:月光荘 画室II
   東京都中央区銀座 8-7-18 1F
   入場は無料です。 

DIYのためのリクエストワークショップ開催しました

2019/06/03 カテゴリー:Diary 
by fuchidori 

「洗面台を手作りタイルでカスタマイズしたい」というリクエストをいただき、
通常のワークショップメニューにはない、DIYのための絵付け体験を行いました。


Yさんが目指すは40センチのタイルバー!(^^)
1枚では作れないロングサイズなので、
短いバーを8本つなげて、絵付けにトライしていただきました。

当初は無地の四角いブロックの予定でしたが、
「やっぱり一部に柄を入れたい」ということになり、
最終的にさりげなく遊びをきかせたデザインになりました。


一方、Tさんのリクエストは、道具箱の中で使うタイルと、
その絵柄とお揃いのタイルコースターを作りたいとのこと。
画像では紫に見えますが、焼き上がりは濃紺になります。
「見ている色と焼き上がりが違うんですね~!」と驚けれていましたが、
そこが焼きものの面白いところ。

3時間という長時間ワークショップとなりましたが、
お二人ともきちんと時間内で完成しました♪ 
Yさん、Tさん、お疲れさまでした♪

焼き上がりが楽しみです(^^)/

(fuchidoriワークショップは不定期で開催しています。
初めての方はシンプルな柄から挑戦いただいていますが、
ご興味ある方は、お気軽に問い合わせフォームよりご連絡ください)

二人展「織りとタイル」ご来場ありがとうございました。

2019/05/09 カテゴリー:Diary 
by fuchidori 


GW後半に東北で開催した二人展「織りとタイル」。
東北では3年ぶりの開催でしたが、新しい方との出会いや懐かしい方との再会もあり、
心に残る二日間になりました。
お越しいただいた皆さま、本当にありがとうございました。


好評だった、ふとっちょさん。大きめの方は、今回はサンプルとして持参したものです。
小さめの方はブローチですが、数人のふとっちょさんをまとめて連れて帰ってくださる方もいて、
今後も定番にしていこうと思っています。


こちらは古材フレームを活用したコースター。
珈琲柄を求めてくださった方からは「眺めていると珈琲が飲みたくなる」と
うれしい感想をいただきました。
中央と右は「よく見ると」というシリーズ。中央は森林の中を探検しているイメージ、
右はミカンの木をイメージして作りました。


糸巻き、お香たて、ヘアゴムなどのタイル雑貨は、
おかげさまで、持参したほとんどを連れて帰っていただきました。
中央のお花のブローチを求めてくださった方からは、
「次回はタイルの画像に言葉を添えたポストカードも見てみたい」など
新しいアイデアもいただきました。

大きめのタイルのリクエストもありましたので、
数を増やして、さらに充実した展示にしたいと思います。

まだ5月なのに、開催日は晴天の暑い日でした。
周辺ではGWのイベントもあり、街中が大渋滞の中、
足をお運びいただいた皆さまに、あらためて御礼申し上げます。

二人展「織りとタイル」のお知らせ

2019/04/10 カテゴリー:News 
by fuchidori 

大型連休となるGW。東北(宮城・石巻)で二人展を開催します。

ブローチやヘアアクセサリー、タイルコースターなど、小さいものをいろいろと。
ご用意してお待ちしております。

2019.5.3 11:00-17:00
    4 9:30-17:00
石巻かわまち交流センター(石巻駅から徒歩12分)

お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

「なぎさ」No.613に掲載いただきました

2019/02/04 カテゴリー:News 
by fuchidori 

京急のまちマガジン「なぎさ」さんのNo.613の特集は
「ネオ★路地裏コミュニティー」。

路地を介したご近所さんとのゆるやかなつながり。
「fuchidori」の活動拠点でもある大森町の、
日常の暮らしを取材いただきました。

Page top