Archive

fuchidori/フチドリ模様の装飾タイル Home > 2022年

6月18日/出張ワークショップのお知らせ

2022/04/24 カテゴリー:News 
by fuchidori 

6月は東京・大森のアトリエを飛び出し、
西麻布のKONTACTO EASTさんにて、出張ワークショップを開催します♩

当日は、鉛筆で模様やイラストを描き、スポイトや筆を使って釉薬を流し込む
「クエルダセカ」というスペインタイルの絵付け技法で、
丸い陶製タイルを2つ制作いただけます(直径約4.5cm)


仕上がり後のタイルは、ボタン・ブローチ・ヘアゴムなど使い方はアイデア次第。
我が家では、一輪では安定しにくいドライフラワーの土台にも活用しています!

デザインは数種類の見本からお選びいただいても、自由に描いても。
線の太さや描き方で個性が出せるので、お好きなカラーの組み合わせを楽しみながら
自分だけのスペインタイルを作ってみませんか。

◆絵付けしたタイルはfuchidoriで焼成し、2週間後に郵送にてお届けします。

申し込み・詳細はワークショップ予約サイトEAST WORKSよりご確認いただけます。

EAST WORKS: クエルダセカ技法でつくる、色と線で遊ぶスペインタイル
2022年6月18日(土)15:00-17:00
fuchidori カネトウミチコ

『小商い建築、まちを動かす!』に掲載いただきました

2022/04/22 カテゴリー:Diary 
by fuchidori 

4月10日ユウブックスさんより発刊された『小商い建築、まちを動かす!』
建築家の視点で、小商いの場づくりや運営が紹介された一冊ですが、
本書の中の小商いプレーヤーのひとりとしてご紹介いただきました。
http://yuubooks.net/koakinai/

タイルの話ではありません。掲載も1ページですが、
“好きなこと”をもうひとつの仕事にする方が増えた今、
賃貸か持ち家か、といった選択肢の内側にある「精神的な豊かさを得る場」とは何かを
考える上で、とても参考になる内容でしたのでブログでも触れたいと思いました。

例えば私が活動の拠点にしている現代長屋「大森ロッヂ」では、
ご近所付き合いが盛んです。一緒に味噌や梅酒づくりを楽しんだり、
イベントを企画したり。実際に仕事で関わっている方も。

コロナ禍では話す機会が減ってしまいましたが、
レジ袋にかわるバッグをご近所さんとともに考え販売も始めました。
「ちょっといい?」と気軽に話せる仲間たちと、「ちょっとやってみる?」を
実践する場。そんな暮らし方が、身近な土地にどう関わり、
そこに集まった皆さんの生活エネルギーがまちをどう動かしていくのか。

この本を通して、地域とのつながりをますます意識するようになりました。

本書では、建築・不動産・運営の視点から12事例が掲載されています。
事例から探る空間ポイントや間取り、大家さん向け情報を見ながら、
こういう住まい方もあるんだな、と楽しんでいただけたら幸いです。

絵付けワークショップ♩ご参加ありがとうございました

2022/03/23 カテゴリー:Diary 
by fuchidori 

こんにちは。
2月・3月のワークショップは、コロナ禍ということもあり、
各回少人数でゆったりと、スペインタイルの技法を体験いただきました♩

いざ絵筆を握ると、「息するのも忘れていました」という方もいらっしゃるので、
「休憩しながら、楽しく絵付けしていきましょ~」
毎回こんな声をかけながら、肩をぐるぐる。完成までの2時間、立つも座るも自由、
ときどき水分補給や休憩をはさみつつ、それぞれのペースで体験いただいています。

「下書きの線が気に入りません」→→「消しゴムで消しましょう!」
「釉薬がはみ出てしまいました!」→→「はみ出た部分は削りましょう」

などなど回答していると、「やり直せるっていいですね」と皆さん。
そうなんです、何度でも修正できます。が、焼成だけはやり直しがききません。
色が混ざってしまったり、一部が薄く焼きあがることもありますが、
そこがハンドメイドの良さ、と感じていただけたらうれしいです。


↑焼成前のタイルたち。焼き上がりが楽しみです♩

最近は、タイル好きの方にご参加いただくことが増えてきたので、
休憩のおともに♩ と思い、
ワークショップ会場に私物のタイル本を並べてみました。

日本、メキシコ、スぺイン、ポルトガル、イスラム、モロッコ……などの関連本に加え、
以前定期購読していた「TILES(旧月刊タイル)」を少々。

これからも大森会場のワークショップでは、タイルの本も並べていこうと思っています。

不定期開催ですが、タイルが好きな方も、リフレッシュしたい方も、
ぜひ遊びにいらしてください♩

fuchidori

2月・3月ワークショップのお知らせ

2022/02/08 カテゴリー:News 
by fuchidori 

タイルが好きな方、絵付けに興味がある方はもちろん、集中してものづくりをしたい方、気分転換に手を動かしたい方もぜひ♩
カラフルな釉薬を使って、一緒にクラフトタイルづくりを楽しんでみませんか。

体験いただけるのは、イスラムからスペインに伝えられた「クエルダ・セカ」という技法です。
陶製の薄板にシャープペン(またはエンピツ)で線を描き、
線の中にスポイトや筆を使って釉薬を流し込んで仕上げていきます。
「スポイトを握るの、何年ぶり!」という方がほとんどですが、
コツをつかめば塗り絵のような感覚で絵付けが楽しめますよ。

★はじめての方でも取り組みやすい3コースをご用意しております★

コースA「丸型ブローチまたはボタン」
ちょっと大きめのブローチやボタンを作りましょう。
下絵があるので絵を描くのが苦手、という方も安心してお越しください。
作りたい柄がある方は持ち込みも歓迎です♩ ご相談ください。
♩焼成後は表面に凹凸ができ、独特の手ざわりが楽しめます♩
<内容>
ブローチまたはボタン(直径約4.5cm)+ミニブローチ(直径2.5cm)
合計2個の絵付け体験
参加費/2,500円 材料費・焼成代・金具代込み

コースB「角型タイル5cm」
5cm角2枚に絵付けいただけるコースです。
市販のモザイクタイルと組み合わせたりDIYに活用したり、
タイルのある暮らしを楽しんでみませんか。
デザイン見本をご用意しております♩ 作りたい絵柄がある場合はご相談ください。
【内容】5cm角型タイル×2枚
参加費 3,500円 材料費・焼成費込み
↓(5cm角の例)

コースC「角型タイル10cm」
10cm角のタイル1枚に、絵付けいただけるコースです。
デザイン見本をご用意しておりますが、オリジナルデザインでも作成いただけます。
【内容】角型タイル(10cm角)×1枚
参加費 3,500円 材料費・焼成費込み

↓皆さまの作品例(10月のワークショップより)

どのコースも約2時間で完成を目指します。

※fuchidoriでの絵付け体験が2回目以降の方は、上記以外のアイテムもおつくりいただけます。

<ご予約は、メールにてご連絡ください>
(日時)2月16日(水)・26日(土)、3月9日(水)・19日(土)13時~(2時間程度)
※19(土)残2席。
上記日程以外でもご希望がございましたらリクエストください。
(定員)各回4名さま
(会場)大森ロッヂギャラリー(大田区大森町/京浜急行:大森町駅より徒歩3分)

参加をご希望の方は、お名前、ご希望日、希望コースを
ウエブサイト内「contact」のメールフォームよりご連絡ください。
※先着順となります。受け付けた方には(infoアットマーク fuchidori-tile.com)からメールにて返信いたします。
迷惑メールの対策などを行っている方は受信の確認をお願いいたします。
予定人数に達した場合は、あらためて他の日程をご案内させていただきます
メールはコチラ←(コチラ部分をクリックください)
※緊急事態宣言が発令された場合は中止または延期とさせてただきます

(ご参加いただく皆さまへ)
■体験後に焼成が必要なため、お渡しまで2週間ほどお時間をいただきます。
■細かな作業になります。必要に応じて眼鏡やリーディンググラス等をご持参ください。
■汚れても良い服装でお越しください。
※感染拡大防止策のため、下記に該当する方はご参加をお控えください。
●発熱、咳、喉に不調がある方 ●過去14 日以内に感染が継続拡大している国への訪問歴がある方
●新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者であることが判明した場合。
また、お越しの際は手指の消毒とマスク着用をお願いしております。


風が通る換気のいい会場でお待ちしております♩


fuchidori/カネトウミチコ
宮城県生まれ。旅先のメキシコで装飾タイルに魅了され、
長い歴史の中で考案された数々のタイル技法をスペインタイルアート工房で学び、認定講師資格取得。
「ひとりのタイル好き」として、みなさんと絵付けの楽しみを共有するだけでなく、
カタチをつくる!色を調合してみる!など、実験室のような場も増やしていきたいと思っています。
拠点にしている大田区大森は、海苔のまち。わたしも海苔好きです♩どうぞよろしくお願いいたします。

fuchidoriのオンラインショップができました

2022/02/04 カテゴリー:News 
by fuchidori 

↑↑↑2月からfuchidoriのオンラインショップがオープンしました↑↑↑
サイト上部「online shop」からお入りいただけます。

現在はブローチとアロマタイルを数点のみ公開していますが、
新作などを少しずつ増やしていく予定です。
ときどきご覧いただけたらうれしいです。
感想やリクエストなど、お気軽にメールフォームよりご連絡ください♩
https://fuchidori.theshop.jp/

↓↓↓委託販売先のオンラインショップでも↓↓↓
それぞれ違うアイテムを取り扱っていただいています

Art&Hotel 木ノ離さん(アイテム:帯留めなど)
♥水の町郡上八幡で一期一会の物づくりをご紹介しているアートと泊まる町家のお宿です。
ショップでは、人と文化が行き交う場から生まれたストーリーのあるものを発信されています。
https://kinori-denden.stores.jp/

メキシコ雑貨とメキシコの民芸店 トンボラさん(アイテム:ブローチやオーナメントなど)
♥大阪南船場のショップ。メキシコで見たかったもの欲しかったものが、あった~!と思える充実の品ぞろえです。
fuchidoriのアイテムは、1月まで開催いただいたギフト展の延長で「クリスマスギフト特集」でご案内いただいています。
https://tombola11.com/

CONCEPT GALLERY HISOKAさん(アイテム:woodフレーム品、受注制作品など)
♥1点もの、小ロット品など、手作業からつくられる数少ない作品をメインに扱っているギャラリーです。
fuchidoriのTOP画像で使用しているeggをはじめ、羽根がモザイク模様になっている鳥などがご覧いただけます。
https://hiso-ka.stores.jp/

サイトをリニューアルしました

2022/02/04 カテゴリー:Diary 
by fuchidori 

4年ぶりにサイトをリニューアルしました。
コロナ禍で急速にデジタル化が進むなか、
「もっと見やすくしたい」と思いながら1年が経ち。
来年には……いや来月には……明日には……数時間後には……と
締め切りのない宿題が積みあがっていく状態でしたが、
今年はすぐ動こう!と心に決めて
ようやくTOPページを変えました。

画像一覧で、お知らせが見やすくなっているといいのですが、
これまで以上に更新したいと思っています♩

二人展「織りとタイル」ご覧いただきありがとうございました

2022/01/20 カテゴリー:Diary 
by fuchidori 

1月15日、宮城での二人展「織りとタイル」を2年半ぶりに開催しました。
昨年はコロナの影響で展示を諦め、いつ終息するか不明というなか……、
かなり迷いましたが、感染者が減ってきた12月に今年はやろうと心に決めました。

そして迎えた初日は、オープン直後から多くの方にお立ち寄りいただき、
気づけば終了時間になっていたほど!

前回お越しいただいた方から「アロマタイル使ってますよ~」と、
うれしいお声をかけていただいたり、
新作のイヤーカフを「試してみたかったの」というお客さまも。
タイル雑貨の枠を広げて、いろいろ制作している今ですが、
直接感想が伺える展示会では、毎回、たくさんの刺激をいただいています。

ご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました。


新作のイヤーカフ(©fuchidori)

早速ストールピンをつけてくださったSさん
ありがとうございます!

ご一緒した鈴木貴美恵さんの手織りのマフラーは
暖かいだけでなく、ふわふわ

応援団のフレーフレーさんも連れて行きました(©fuchidori)

毎回好評のカラフルなアロマタイル(©fuchidori)

さて、思いもよらない事態となったのが二日目です。
16日の未明、千年に一度とされるトンガの噴火が発生してしまいました。
夜中にサイレンが鳴り、太平洋沿岸には津波注意報……不安な気持ちで朝を迎えました。
会場は石巻市の川沿い。東日本大震災では津波による甚大な被害が遭ったエリアです。
この日は使用していた施設も閉館するということで、大変残念ですが中止とさせていただきました。

二日目にご予定されていた皆さま、突然の中止となり申し訳ございませんでした。
※3月までは、今回の展示でご一緒した鈴木貴美恵Atelier Fleecyさんの手織教室にも
ブローチやストールピン、お香立て、ポニーフックなどを置いていただいております(石巻市中里)
Instagram(@suzuki2mie)

コロナの感染拡大で、次はいつ宮城に行けるかわかりませんが、
落ち着いたらまたきっと石巻で開催します!!

(プチ情報)♩石巻市には日本タイル博物誌でも紹介されている旧観慶丸商店もありますよ♩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年は感謝の1年でした。2022年もどうぞよろしくお願いいたします

2022/01/04 カテゴリー:Diary 
by fuchidori 

 

2022年 新年あけましておめでとうございます。

コロナ禍で思うように動けない日々が続いていますが、
昨年は、多くの方に支えられ、
充実した1年を過ごすことができました。

私一人では思いつかないようなリクエストをいただいたり、
Instagramから新たなご提案を頂戴したり。
対面でお話できる場は減ってしまったけれど、
オンラインやSNSで繋がれるし、場は広げられる。
そんな実感とともに、気合を入れて頑張ろう!
という気持ちが高まりました。

機会をくださった皆さま、
私の装飾タイルを手にとってくださったお客さまに、
心から感謝を申し上げます。

今年は、タイルが得意とする明るい色をより意識して、
心が元気になるような作品を増やしていきたいと思っています。

2022年も、どうぞよろしくお願いたします。

2022・1.15~ 二人展「織りとタイル」のお知らせ

2022/01/04 カテゴリー:News 
by fuchidori 

2年ぶりに、地元宮城で「二人展 織りとタイル」を開催することになりました。

機織り作家の鈴木貴美恵さんとは、
震災後のボランティアで知り合って以来、何度かご一緒させていただいています。

機織りで手がける柔らかい織ものと、私がつくる装飾タイルは、
素材も見た目も、硬さも、まったく違うもののように思えて、
実は共通点があることを過去の展示を通して知りました。

例えば、「色を重ねる」ということ。
機織りでは、経糸と緯糸を折り重ねて色を生み出していますが、
装飾タイルも一度焼いただけでは色ムラが出やすく
私は2度、3度、色を重ねて焼いています。
絵付け→焼き→冷めるまでで2日間ほど。
それを何度か繰り返すので、
完成までに時間が必要なことも機織りと同じではないか、と感じています。

※画像のお香立てはイメージです。実際の絵柄は異なります。

何より、ひとつひとつ手で仕上げているため、それぞれ表情が違います。
そんな二人の共通点を、ぜひ会場で感じていただければ幸いです♩

******************************

二人展「織りとタイル」

2022/1・15(土)~16(日)10:00-18:00
会場/宮城県「石巻市かわまち交流センター」2F

手織りストールとマフラー。陶製のアクセサリー、タイル雑貨など。色とりどりの手仕事をお楽しみください。

※感染対策のため、お越しいただく際はマスク着用でお願いいたします。
※2日間とも会場にいる予定ですが、感染拡大の状況により変更になる場合がございます。

 

Page top